敏感肌なので、基礎化粧品選びには慎重です。

敏感肌なので、基礎化粧品の選択には慎重になります。
口コミでよいと言われているものであっても、自分にあうとは限らないからです。

匂いもできるだけ無臭がいいです。

匂いのきついものは、刺激が強いものが多いように感じます。まず手の甲につけてみて、嫌じゃないか、自然であるかどうか、まずそこからです。

その後、首筋につけてみて、違和感なけらば、顔につけてみます。

しかしながら、その時よくても、数時間、数日経ってから、違和感を感じることもあります。
ですので、お試し用のものがある製品には、非常に好感を持ちますし、企業努力と共に、人の気持ちに寄り添った企業さんだなと思い、心の垣根が低くなります。

また、勝手な話なのですが、だからといって、ボトルデザインがイマイチなのも好ましくありません。

やはり、毎日手に取るものですから、そこからのイメージというのは大切にしたいです。
そういった自分基準をクリアしたもをを選んでいます。

基礎化粧品とは、肌の本来持っている力を引き出してくれるものと思っております。

肌は、毎日の生活の中で感じる、ストレスや外気の影響で本来持っている力を発揮できずにいることがあります。

そんな時、足りない水分、栄養素をそっと必要な分だけ補給してくれる、そんな存在です。
1日のスタート、洗顔後、いつもの基礎化粧品をつけ鏡の中の自分を見て、今日もいい顔してるな!がんばろう!と前向きな気持ちになります。

また、1日の終わり、洗顔した後、基礎化粧品をつけ、その頬を両手で包むと、今日も1日お疲れさま自分!と何ともいえない安堵感に包まれます。

決して高級であるとか、そういったものではなく、毎日使うものですから、安心感、信頼関係が何より大切なのではないでしょうか。

もはや自分の身体の一部であるような、出しゃばりすぎない、控えめなものが好きです。
ですので、匂いがきついものには、違和感を感じます。私にとって、基礎化粧品とはそういった存在です。

ドモホルンリンクル、高校生時代に、サンプル依頼の問い合わせをしたことがあります!
今でもはっきり覚えているのですが、まだ若いので、その必要はないと丁重にお断りいただいた記憶があります。

今でも、そのお名前を見聞きするたび、その頃のことを思い出します。

それから数十年たち、今や私もしっかりターゲットのお年頃となりました。おかしなもので、いまだその頃の記憶が蘇り、まだ必要ないかなと思ってしまいます。

(そんなことは決してないのですが)しかしながら、数十年経った今も、その頃と同じ立ち位置で、その分野で常に第一線を保っておられのは、本当にすごいことだと思います。

まさに、企業努力の成果であると思いますし、顧客満足度が高いゆえであるのでしょう。

CMもいつも好感度高いですね!女性の何気ない日常を切り取ったシーンが多く、思わず見入ってしまいます。

以前、傍らの赤ちゃんに笑いかけながら頬をぱちぱちするようなCMがあったと思うのですが、いいCMだなぁ〜と今でも記憶に残っています。

ドモホルンリンクル、そのうち、お世話になるかもしれません!

ドモホルンリンクル お試し